読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分は共病記&半分は雑記帳

病気のために、頭・体・心全部が弱くなった老女です。老いと病に圧倒されないよう、なんとか意識を保ちたいと、ただそのために書いています。

故Sam Bernsさん(17歳)のスピーチに驚いた

ワォゥ!な人々

先日たまたま見たTEDスピーチに驚いた。動画はこちら。

www.youtube.com

話しているのは、Sampson Gordon "Sam" Berns (October 23, 1996ーJanuary 10, 2014)さん。 撮影されたのが2013年10月で、約3ヵ月後に17歳で亡くなったそうだ。

Sam Berns - Wikipedia, the free encyclopedia

17歳になったばかりの少年の言葉の重みに、ただワォゥ!としか言えない。後で思い出せるように、彼の言葉から抜粋引用メモ。(字幕の翻訳を自分流で少し変えています。その解釈が正しいかどうかは?ですが。)

****************************

So even though there are many obstacles in my life, with a lot of them being created by Progeria, I don’t want people to feel bad for me. I don’t think about these obstacles all the time, and I’m able to overcome most of them anyway.

私の人生にはたくさんの障害があり、その多くがプロジェリアによるものです。でも、気の毒・かわいそうと感じてほしくありません。私はこれらの障害のことをいつも考えているわけではないし、ともかくほとんどの障害を乗り越えることができるから。 

So I’m here today, to share with you my philosophy for a happy life. So, for me, there are 3 aspects to this philosophy. So this is a quote from the famous Ferris Bueller.

幸せな人生に対する私の考え方には3つの側面があります。これはあの有名なフェリス・ビューラーからの引用です。

“Life moves pretty fast. If you don’t stop and look around once in a while, you could miss it.” – Ferris Bueller

”人生はとても早く過ぎていくんだ。だから時々立ち止まって、周りを見渡さなきゃ大事なものを逃してしまうかも。” 

1 “I’m okay with what I ultimately can’t do”

The first aspect to my philosophy is that I’m okay with what I ultimately can’t do because there is so much I can do.

最初の側面は、「最終的にできないことは気にしないこと。だって、自分ができることはたくさんあるから」です。

Now this doesn’t mean that I ignore the negative aspects of these obstacles. When I can’t do something like run a long distance, or go on an intense roller coaster, I know what I’m missing out on.

これは、私の障害のネガティブな部分を無視するという意味ではありません。長距離を走るとか、ジェットコースターに乗れない時、自分が逃しているものを理解しています。

But instead, I choose to focus on the activities that I can do through things that I’m passionate about, like scouting, or music, or comic books, or any of my favorite Boston sports teams.

でもその代わり、私は夢中になれて、実行できる活動に集中することを選びます。音楽、漫画、ボストンスポーツチームの応援など。 

2 “I surround myself with people I want to be with”

The next aspect to my philosophy is that I surround myself with people I want to be with, people of high quality. I’m extremely lucky to have an amazing family, who have always supported me throughout my entire life. And I’m also really fortunate to have a really close group of friends at school.

次に、自分が一緒に居たい人、質の高い人に囲まれるようにすることです。素晴らしい家族を持てて、とてもラッキーです。家族は常に私の人生をサポートしてくれます。また、とても親しい友達がいることも本当に幸運です。

3  Keep moving forward.

The third aspect to the philosophy is – Keep moving forward. Here’s a quote by a man you may know, named Walt Disney, and it’s one of my favorite quotes. 

3つ目の側面は、「前進し続けること」です。

皆さんご存知のウォルト・ディズニーはこう言っています。

・・・my favorite quotes.
“Around here… we don’t look backwards for very long. We keep moving forward, opening up new doors and doing new things.” – Walt Disney (Meet the Robinsons)

”ここ(ディズニー)では、あまり長く過去を振り返ることはしません。私たちは前進し続け、新しいドアを開き、新しいことをやっていくのです”(アニメ映画「Meet the Robinsons」から)

I always try to have something to look forward to. Something to strive for to make my life richer. It doesn’t have to be big. It could be anything from looking forward to the next comic book to come out, or going on a large family vacation, or hanging out with my friends, to going to the next High School football game.

私はいつも何か楽しみにできること、人生を豊かにするために努力する何かを持つようにしています。大きなことでなくていいのです。次のコミックの発売や、家族旅行、友達と遊ぶこと、次の高校アメフトの試合に行くことなどかもしれません。

However, all of these things keep me focused, and know that there’s a bright future ahead, and may get me through some difficult times that I may be having.

これらのおかげで、私は集中することができ、明るい未来があり、そのおかげで困難な時も切り抜けられるだろうと思えます。

Now this mentality includes staying in a forward thinking state of mind. I try hard not to waste energy feeling badly for myself, because when I do, I get stuck in a paradox, where there’s no room for any happiness or any other emotion.

このメンタリティには、心を前向きな状態にするということも含まれています。自分を憐れんでエネルギーを無駄にしないよう懸命に努力しています。なぜなら、もしそうしてしまえば、パラドックスに陥って、幸福や、他の感情を持つ余地すらないからです。

Now, it’s not that I ignore when I’m feeling badly, I kind of accept it, I let it in, so that I can acknowledge it, and do what I need to do to move past it.

気分が悪い時、それを無視するわけではありません。それを認め、受け入れます。そうやって事実を認め、やりすごすために必要なことをします。

But knowing that I was going to get better, and looking forward to a time that I would feel good again, helped me to keep moving forward. And sometimes I had to be brave, and it wasn’t always easy. Sometimes I faltered, I had bad days, but I realized that being brave isn’t supposed to be easy.

ときには勇敢でなければいけなかったし、それはいつも簡単というわけではありません。行き詰った時や、悪い日を過ごすこともありました。でも勇敢であること(困難をモノともしないこと)は、簡単なことではないとわかっていました。

And for me, I feel it’s the key way to keep moving forward. So, all in all, I don’t waste energy feeling bad for myself. I surround myself with people that I want to be with, and I keep moving forward.

で、私にとっては、勇敢であることが前進するための鍵だと感じています。私は自分を憐れんでエネルギーを無駄にしません。自分がそばに居たい人に囲まれるようにしています。そして前進し続けます。

****************************

彼の言葉に、なんと言っていいかわからない。

ウォルト・ディズニーという人に対しては、複雑な気持ちもあるし、彼がお気に入りという、“Around here, however, we don't look backwards for very long. We keep moving forward, opening up new doors and doing new things… and curiosity keeps leading us down new paths.” という言葉も、そのまま肯定はできない。

でも、そんな事はどうでもいいこと。
大切なのは、17歳の少年が「自分の人生を幸せなものにする」と、「はっきり意識しながら生きた」という事実だ。

私は? と言えば「これ以上やせたくない」とか、「体重は変わらないのに、なぜどんどん骨ばってくるのか」とか、「鼻梁の右のはれと右目の奥の痛みがずっと続くのはなぜ?」とか、「左腕ばかりなぜ重いのか?」とか・・・

多分老化による小さな変化にさえ気を取られ、散漫に暮らしている。

幸せなものにするという決意。
できることに集中して、楽しむこと。
まだまだだ・・・・。