読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分は共病記&半分は雑記帳

病気のために、頭・体・心全部が弱くなった老女です。老いと病に圧倒されないよう、なんとか意識を保ちたいと、ただそのために書いています。

SF『火星の人』の主人公がカッコ良すぎ!!

日記(笑った)

SF『火星の人』を読んだ。久しぶりに面白くて、素直に大笑いできる小説だった。

ロビンソン・クルーソー』に『ほら吹き男爵の冒険』のスパイスを一振りして、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のようなプロットで、『アポロ13号の奇跡』の ”奇跡” を何倍にもしたような話。(私の例え方がおかしいかもしれないw)

事故で死亡と判断され、火星に取り残された主人公が、ひたすら何とか生き延びる道はないかと奮闘する。火星日数でいえば、549日間。

その間、考えるべき事・するべき事は、次々と現れる。

1つ済んだらまた1つと出てくる問題に、ありったけの知恵と力を搾り出していく。時には悪態をつき、時には孤独と不安でつぶれそうになりながら、ログを書き残していくのだが、そのログがめちゃ面白かった。

初めのころは、
地球では当たり前にある酸素や水を作るにはどうするよ?
カロリーはどこから得る?
ハブの中で、糞尿を使い、ジャガイモを作ればいいじゃん。
まず土づくりだよ・・・・(こんな感じ。)

科学者がから見たらどうなの?という話もあるのかもしれないが、私のような科学音痴にはわからない。「へぇ~つ、なるほど。あなた、あったまいいよね~。すごいすごい。」の連続だ。

水素を燃やすとか、プルトニウム238を使ったRTGを掘り出して暖房に使うなんて、ヤバすぎじゃないの?とか、ハラハラしながら一気に読んだ。

宇宙飛行士に選ばれるぐらいだから、頭がよくて知識・行動力があるのは当たり前だが、一番驚いたのが、彼の心理的立ち直りの速さ!!

グ~ッと落ち込んでも、一晩寝たら、さぁ、どうするよ・・と考える。あ~。あ~。起き上がり小法師を上回る復元力だ。

今ウィキを見たら、リドリー・スコットが、2015年にこの小説を映画化したそうだ。その名も『オデッセイ』で、主人公役はマット・デイモンとか。主人公マーク・ワトニーのイメージとちょっと違うような気がする。

グラディエーター』はよかったが、この映画版は見たいとは思わない。一番面白い「ログの部分]がきっとカットされているだろうし。

ログの部分からいくつか引用メモ。(ソルとは、火星時間での1日)

*********************************

[ログエントリー:ソル6]

旅の途中、どれほど楽しいことがあったかご披露してもいいが、やめておく。いまは思い出す気になれない。ぼくらは百二十四日後、おたがいを絞め殺すこともなく火星に到着した、とだけいっておこう。・・・・

 

ぼくは笑える出来事の連続であやうく死にそうになり、もっと笑える出来事の連続で生き残ることができた。・・・・・ 

 

ボロボロの最悪。
これが熟慮を重ねた上での見解だ。
最悪。・・・
これを読んでくれる人がいるのかどうかもわからない。たぶん、いつかはだれかが見つけてくれるだろう。100年後かもしれないが。・・・

つまりこういうことだ。ぼくは火星に取り残されてしまった。〈ヘルメス〉とも地球とも通信する手段はない。みんな、ぼくが死んだものと思っている。そしてぼくは三一日間だけもつように設計されたハブの中にいる。・・・・ああ、まったく、最悪だ。

 

[ログエントリー:ソル7]

さてと、ひと晩ぐっすり眠ったら、状況はきのうほど絶望的ではないような気がしてきた。きょうは、サプライ物質の棚卸しをしてから、EVAでちゃちゃっと外部装備のチェックをしてきた。現状は以下のとおりだ―

 

[ログエントリー:ソル14]

人間の排泄物は昔から肥料として使われてきた。“夜の土”という耳に心地よい名前さえついている。・・・・

ぼくのケツは脳みそとおなじくらい、ぼくを生かすために働いてくれるというわけだ。

 

[ログエントリー:ソル30]

必要な水を手に入れるための、ばかばかしいほど危険な計画を思いついた。これがまた、ほんとうに危険なんだ。・・・

・・・化学はいいかげんなやつだから、アンモニアの一部はヒドラジンと反応せず、アンモニアとして残ってしまう。アンモニアの臭いは好きですか? まあ、ますますひどくなっていく逆境生活のなかでも、これはかなり有力な不快要因になりそうだ。・・・
問題は、実際、どうやってこの反応をゆっくり進行させ、どうやって水素を集めるかだ。答えは―わからない。
たぶん、なにか考えつくと思う。でないと、死ぬ。

 

[ログエントリー:ソル116]

ぼくの返事―

ヴェンカト、魔女狩りはぼく抜きでやってくれと調査委員会に伝えてください。もしどうしてもルイス船長に責任を負わせるというなら、ぼくは公の場で異議を唱えます。
もうひとつ、委員会の連中全員に、おまえらの母親は娼婦だと伝えてください。―ワトニー
追伸:姉妹も、と加えておいてください。

 

[音声ログ書き起こし:ソル119]

何なんだよ? くっそー! エアロックもハブもこの惑星も、みんなくたばっちまえ!
マジで、もうおしまいだ! もううんざりだよ! あと何分かで空気がなくなって死ぬ。その何分かを火星がしかけたゲームに費やすなんて最悪だ。もう、ほんとに。腹が立って腹が立って、吐きそうだよっ!

もうおしまいだ。希望ももてないし、自分をごまかすこともできなければ問題解決の余地もない。なにもかもうんざりだ!

 

[音声ログ書き起こし:ソル119(2)]

フウ・・・・オーケイ。いうだけいってすっきりしたから、どうやって生きのびるか考えなくてはならない。まただよ。・・・

 

[ログエントリー:ソル500]

・・・きょうの夜長はジャガイモを楽しんですごそうと思う。”楽しんで”というのは、”だれか殺したくなるほど憎んで”という意味だ。

 

[ログエントリー:ソル501]

地球にもどったら、ぼくは有名人だ、 よね? あらゆる困難を克服した、恐れを知らぬ宇宙飛行士、 だろ? 女性はそういうのが好きにきまっている。
生き抜こうという意欲が、さらに高まってきた。 

*********************************

こんな人が実在するかどうかわからないけれど、多分きっといるだろうな。もしもこんな人が年取って、私のような状態になったら、どんなふうにするだろう? どんなふうに暮らすだろう?

・・・わっからない。

やっぱり、面白い笑えるログを書いているかもね(笑)。

あ~、あ~、こんなログが書ける人って、カッコ良すぎ!!

笑えるログって、頭の良し悪しとか、知識とか、関係ない。

自分の状況を受けいれて、それをあらあら・・まぁまぁ、どないしましょ? と眺められるかどうかだ・・・よね。たぶん。

それって、すごいことだ。