読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分は共病記&半分は雑記帳

病気のために、頭・体・心全部が弱くなった老女です。老いと病に圧倒されないよう、なんとか意識を保ちたいと、ただそのために書いています。

難病にどう対処するか(医師の治療以外で)ー3人の意見

回復・治癒についての意見


『がん治癒への道―サイモントン療法の新たな展開』1994年

O.カール サイモントン& リード ヘンソン著 
原題は、The Healing Journey
から、引用。

・癒しのトレーニング


・瞑想とイメージ療法&内なる英知の活用
 (こころと魂の治癒力)


・2年間の健康開発プラン
 (生きる目標・遊び・運動・周囲からの援助・栄養・瞑想&イメージ療法&リラクゼーション)

:::::::::::::::::::::::::::::::

2 

『がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療』 2009年 

ダヴィド・S. シュレベール著
原題は、Anti Cancer
から、引用。

免疫を活性化させるための条件

 

・食材

・抑えつけられた感情、がんになりやすい性格、悲しみや無力感に気づく

・過去の傷を癒す

・生きたいという願望

・生きようという意志

・生命力との絆を結び直す(瞑想やリラクゼーション)

・さまざまな恐怖を克服する

・適度な運動と、日光浴

・成功の鍵は、昨日までの自分を「変える」こと

・心の平穏を保つ

 

:::::::::::::::::::::::::::::::

3 
『がんが自然に治る生き方
~余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと~』2014年
ケリー・ターナー 著 

参考サイト
PRESIDENT Online TOP > 本の頁
がんが自然に治る生き方


president.jp

から、引用。

がん治癒を目指して実行していた9項目

 

・抜本的に食事を変える

・治療法は自分で決める

・直感に従う

・ハーブとサプリメントの力を借りる

・抑圧された感情を解き放つ

・より前向きに生きる

・周囲の人の支えを受け入れる

・自分の魂と深くつながる

・「どうしても生きたい理由」を持つ

 

9つの要素は、がんからの劇的寛解が起きた理由についての仮説であり、まだ科学的に十分裏付けされた理論ではありません。・・・・それでもわたしはこの仮説は重要だと考えています。・・・・もしもわたしが、「この9項目を実践したらあなたのがんは確実に治ります」と言ったなら、それは人に偽りの希望を抱かせる行為です。わたしはそうは言いません。わたしに言えるのは、「がんの劇的寛解の起因になったと考えられる9つの仮説を検出しました」ということだけです。

:::::::::::::::::::::::::::::::

こう並べてみると、結構、重なっている。 

自分の感情に気づく。ストレスに対処する。

本当の自分の魂を感じる。

生きることへの意欲と、周りからの支え。

自分の中にある知恵を信じる。

昨日までの自分を「変える」こと など。